メラトニンの効果とサプリ

サプリメラトニンを取り入れるという人がいらっしゃいます。

メラトニンと言うのは、体内時計を正当な状況にする働きがある成分になります。

メラトニン サプリ

 

体内時計

とは何かと思う方も少なくないかもしれないのですが、メラトニンのサプリは人気の製品の一つです。

近頃人気のメラトニンのサプリに関して調査してみました。

 

外国に旅に行くと時差ぼけを引き起こす事があるのではないでしょうか。

これについては体内時計と、旅先との時間に矛盾が存在するせいで引き起こされることとなります。

 

旅先によっては、身体で感じ取る時間と、現実の時間が昼夜ひっくり返しているなどしているのです。

身体のサイクルはいつも一定となっていて、身体はそれを記憶しています。

時間と身体の状態に関わりあっているのは体内時計と呼ばれる仕組みです。

 

メラトニンと時差ボケ

ところが、海外旅行等においては時間のサイクルが異なってしまいます。

身体が記憶している時間帯とは異なる時間に食事をし、睡眠をとらないとならないせいで、時差ぼけが引き起こされて身体が時についていけなくなっているのです。

時差ぼけに効果が見られるとされているのが、メラトニンのサプリなんです。

 

メラトニンのサプリは体内時計を速くしたり、遅くしたりすることにより、身体の調子を修正してくれる働きをしてくれるのです。

睡眠障害のトラブルを穏やかにする作用がメラトニンには存在すると言われていて、たくさんの人から注目を集め望まれているサプリなんです。

 

体内時計が正常に動作してないことが原因で寝つきが悪くなって、不眠症につながってしまうと言う事例も存在するそうです。

体内時計が現実の時間と大きな違いを生まないために、メラトニンサプリを利用するといった対策があるわけです。

 

国内では、メラトニンは医薬品と位置付けて扱われていることにより、メラトニンのサプリは購入不可能です。

アメリカなどの海外では不眠症改善や時差ぼけ防止向けのサプリとして市販されています。

 

メラトニンと体内時計の関係

サプリとして用いられるメラトニンなのですが、本来はカラダの中に存在する成分でホルモンのひとつでもあるのです。

体内時計は、皆さんの身体が決められた時間に眠り、起床するように一日のローテーションを管理するものと言えます。

 

強力な光を受けて昼間になっていることが身体に理解させることが、一般的な時差ぼけの治し方でしょう。

体内時計は、日差しを受けることで目を覚ますことになり、きちんとした状態に復元する事が可能になります。

 

ところが、天気が変われば日射しが見られない日もある一方で、強いストレスの関係により体内時計が正しく作動しないケースがあります。

日光を受けても効果が無い時もあります。

 

上手く体内時計が働かないケースでパワーを発揮してくれるのがメラトニンのサプリです。

メラトニンは抗酸化作用の強いものですから、活性酸素といった体内の老化を促す成分が増加しないように働きかけ、癌抑制作用等もあると思われます。

 

サプリでメラトニンを摂り込んで加齢対策している人もいらっしゃいます。

睡眠障害の不調軽減や、時差ぼけといった場合の体内時計を改善させるにとどまらず、メラトニンはさまざまな健康に好ましい影響がもたらされる事がサプリが人気のある理由というわけです。